ひとを知る

技術職社員紹介

時代のニーズに応える
モノづくりの現場

技術職
ラミネート部 ラミネート課
2008年入社

田村 信幸

現在の仕事の内容を教えてください。
成形・印刷したフラットフィルムまたはシートを成形する仕事をしています。2層以上のフィルムをラミネート(積層)加工することで、単体では担うことのできない性能を付与するのですが、材質や用途によって流動性・滑性・張力を考え原紙・機械をセットすることに神経を使います。トラブルの無いよう気を配り、万が一不具合があった場合は徹底的に調査し、同じ間違いの無いよう対策を行っています。
極東高分子を志望した理由を教えてください。
入社の決め手となったのは何ですか?
北海道でモノづくりをしたいという気持ちが大きかったことが志望理由です。極東高分子で作り出す製品は道内で流通しているパッケージが多く、みなさんもきっと目にしているはずです。知恵と工夫によって生み出された製品が市場に流通することは、本当に感動ものです。
仕事の中でやりがいを感じるのはどういう時ですか?
用途に応じて様々な種類の素材を取り扱っていますが、それまで扱ったことの無い材質のものに出会った時には、お客様にご満足いただけるよう、良いものをつくろうとやる気も出ます。より良い方法を模索する為に試行錯誤することも多々ありますが、基本的にやりたいことは自主性に任せてくれる社風でやりがいも大きいです。
今後の目標について教えてください。
経験を活かし、お客さまのニーズに応えていきたいです。今でこそ知識やスキルがつきましたが、入社当時は周りの方達に細かな指示や指導をしていただいていました。人に支えられ、上司の助言を頂いてきたように、自分も後輩のサポートをしていきたいと思います。
就職活動中の学生へメッセージを
最初はわからないことが多いと思いますが弊社ではわからないことや困ったことに、すぐに対応してくれる先輩方がいます。モノづくりの現場というのは、楽しさと難しさの両方を味わうことができるのが醍醐味です。仕事を通じて「やりがい」「達成感」を感じられることも魅力です。

技術職・製造オペレーターの1日

代表的な1日の流れをご紹介します。

  • 7:30

    日勤

  • 出社・準備作業

    機械を動かすための調整、原紙のセットを行います。

  • 8:30
  • 生産開始

    クライアントが求める仕様は商品により様々。個々に固有の条件を機械に設定し、生産開始です。生産中はノンストップで動かします。

  • 12:00
  • 昼食

    食事をとったり、午後からまた頑張るために休憩をします。

  • 13:00
  • 生産

    目で確認し、音を聴き、匂いに気をつけ、機械に異常がないか目を配ります。

  • 17:00
  • 2番へ引継ぎ

    夜勤の人と交代、引継ぎを行います。

  • 17:00

    夜勤

  • 出社・1番から引き継ぎ

    日勤の人と交代、引継ぎをし、そのまま生産します。

    生産

    視覚・聴覚・嗅覚・触覚をフルに使って商品を仕上げます。

  • 1:00
  • 後処理

    ラミネート機械の清掃を行い、日報を記載し、退社します。